産婦人科

OBSTETRICS and GYNECOLOGY

性感染症
性感染症イメージ

性感染症は主に性交渉で感染する病気です。原因はウィルスや細菌などさまざまで 症状も多岐にわたります。 性感染症にかかっていることが判ったら、パートナーにも検査を受けてもらうようにしましょう。同時に治療することが大切です。

性感染症予防のために
[ 不特定多数との性交渉は避け、パートナーを特定する ]
[ 性交渉の前後はからだを清潔に保つ ]
[ コンドームを正しく使用する ]

クラジミア感染症

感染するとおりものがわずかに増えたり、排尿時に軽い痛みを感じたりしますが、その他の自覚症状に乏しい為、感染に気づかないまま 過ごしてしまうことも多く、知らないうちにパートナーにうつしてしまう危険性が高いのが特徴です。症状が進行すると、卵管炎や子宮内膜炎を引き起こし、 不妊症や子宮外妊娠の原因となることがあります。また、妊娠している場合は流産や早産の原因になり分娩時に赤ちゃんに感染して、結膜炎や肺炎を起こす危険性も あるため、注意が必要です。

カンジタ膣炎

カビが膣に繁殖して炎症を起こします。性交渉でうつされることもありますが、このカビは体内にすんでおり、病気や疲労、妊娠などで体の抵抗力が落ちた時、 抗生物質を服用した時など膣の自浄作用が弱くなった時に発病しやすくなります。

トリコモナス膣炎

黄色く泡立ったような、悪臭を伴うおりものが増え、外陰部が痛がゆくなリます。症状が進行すると膣の自浄作用が低下し、他の感染症にもかかりやすくなります。

尖形コンジローマ

感染後、3週間~3ヶ月ほどで外陰部、肛門付近に白や灰色のイボができます。増殖したイボはやがてカリフラワーのようなかたまりになり、軽いかゆみ や灼熱感を伴ないます。再発しやすいので、徹底的に治すことが大切です。

梅毒

感染して2~3週間後に固いしこりがあらわれますが、痛みもなく自然に消えます。 感染後、2~3ヶ月たつと、体全体に発疹などの皮膚症状がでるほか、外陰部や肛門付近にただれたような小豆大のできものが あらわれ、微熱やだるさを感じます。早期に治療すれば完治しますが、進行すると脳の神経が侵されることもあります。

淋病

女性が感染すると3~9日後、陰部の不快感や異臭のある黄色い膿のようなおりものが増えます。 男性が感染すると排尿痛や尿道口から膿が出るなど女性よりも自覚症状が強いです。
症状がすすむと感染が子宮から卵管まで広がり、激しい下腹部痛と発熱が起こり、不妊症の原因になることがあります。

性器ヘルペス

感染後2日~1週間ほどで発病し、外陰部や膣に米粒大の赤い水疱ができます。これが破れて激しく痛み、あまりの痛さに排尿や歩行が困難になったり、 発熱することがあります。一度治っても、体の抵抗力が落ちた時に再発することがあります。

非特異性膣炎

からだの抵抗力が落ちて、膣の自浄作用が弱くなった時に発病しやすくなります。茶褐色や緑色のおりものが増え、悪臭を伴なうこともあります。 かゆみはそれほど強くありませんが、外陰部が赤く腫れたり、ただれたりします

エイズ

感染後の多くは無症状です。数ヶ月~十数年の潜伏期間を経て、やがて免疫力の低下とともに発熱、下痢、強い疲労感が起こります。 さらに、進むと種々の感染症や悪性腫瘍を多発します。

  • 産婦人科
  • 小児科
  • 形成外科
  • 漢方内科

クリニックのご案内
GUIDANCE

■産婦人科 ■小児科 ■形成外科(予約制)■漢方内科(予約制)

tel:022-367-1110 診療時間

【休診日】第4水曜日午後/金曜日/日曜日/祝祭日
★水曜日、土曜日、第3木曜日は17:00まで。第4水曜日は午前診療となります。
※初診の受付は受付終了の30分前までとなります。
※土曜日の午後は休診になる場合がありますので来院前にご確認ください。